マイグレーションサービスの移行について

バナー

マイグレーションサービスの移行について

マイグレーションサービスとは、今までのシステムから新しいシステムへと移行する方法となります。したがってこれを行うことで企業の作業効率が良くなったりコストを削減することができます。

マイグレーションサービスではシステム移行の基本があります。
その中の一つにリホスト手法という物があります。
これはメインフレームの上のプログラムやデータにできるだけ手を加えないという方法です。

すなわち中身を変えることなく必要な物だけを変えるという、人間で家がびっこしのような考え方となります。
この方法では、基本的にリホストツールを使ってメインフレーム上のプログラムなどを自動でオープンシステム上に移動していきます。

マイグレーションの為になる情報です。

マイグレーションサービスのこの方法では、比較的短い時間でシステムを移行することができるのがメリットとなっています。メインフレームを急いで撤廃しなければいけないという場合には、非常に有効な方法となっています。

教えて!gooは無限の可能性に満ちあふれています。

メインフレーム環境とオープン環境とでは、開発言語が同じ場合でもソースコードをそのまま利用できることが少なくなっています。したがってリホストでは環境に合わせた修正を行わなければいけません。



マイグレーションサービスで総合データの情報移転にはデータベースの変更を伴うことが多くなっています。

したがってデータベースにアクセスする部分の記述を書き換えることが必要です。


この方法では違いを自動的に修正したり吸収することが大切で、そのなかで効率よくプログラムを返還するツールを選ぶようにします。